「未分類」カテゴリーアーカイブ

アフィリエイトで意識したい内部リンクとは

SEO対策としてやっておきたいことが、内部リンクの最適化です。
自分のサイトとは別の外のサイトからのリンクのことを「外部リンク」といいます。それに対して、自分のサイト内の記事同士をつなげたものを「内部リンク」といいます。
内部リンクはただ数を多く貼ればよいのではなく、どのように貼るのかがSEO対策をするうえでは大切です。

●内部リンクのメリット
内部リンクを貼ることのメリットは2つあります。

1・ユーザーの利便性が高くなる
内部リンクは、自分のサイト内のページ同士をリンクさせることです。内部リンクを貼ることで、あるページから別のページへと移動しやすくなり、ユーザーの利便性が高まります。そして、より長くあなたのサイトにとどまってくれて、より多くの記事を読んでくれる可能性が高くなります。

2・クローラーへの対応
Googleのプログラム・クローラーは、ウェブの情報を周期的に取得してデータベース化をしています。内部リンクによってクローラーはサイト内を巡回しやすくなり、それによって重要なページが認知・評価されます。その結果、検索結果の上位に表示されやすくなります。

●リンクの関連性
内部リンクの数が多いほど、そのページは重要だと認識されると一般的に考えられています。しかし、リンクをやみくもにたくさん貼ればよいのではありません。
意識したいことがリンクの関連性です。
リンクの関連性とは、リンク元ページの内容とリンク先のページの内容に関連付けがあることです。「車」を紹介しているページに「エステ」のリンクを貼っても関連はありません。「車」だったらリンク先として貼るページのキーワードは「旅行」「ドライブ」などが想定されます。
関連している内容であればクローラーが巡回しやすく、サイトが高く評価されて検索結果上位に表示される可能性が高くなります。

●ページ内のリンクの場所
SEOを考えるうえで意識したいことが「アンカーテキスト」です。アンカーテキストとは、リンクが貼られたテキストのことで、テキストをクリックすることでユーザーを誘導することができます。
ここをクリックというHTMLがあった場合、「ここをクリック」がアンカーテキストにあたります。「ここをクリック」のテキストの部分は、上位表示させたいキーワードを選択します。
アンカーテキストには、ユーザーの利便性を向上させる目的と、クローラーの巡回性が高まる働きがあります。