株 FXとは

株とは企業が事業を成長させるために資金を集めて発行する証券のことを言います。
企業が新たに新商品の開発や新しい工場などを買ったりするための資金が必要なのでその資金を投資家の方からお金を投入してもらいビジネスが上手くいったあかつきには利益を還元いたします、ということが株の基本的なことです。
ビジネスの資金を作ろうと思えば銀行に借りる方法もありますが、ビジネスが上手くいっているいないに関わらず期限内に返済をしなくてはいけません、けど株で集めたお金は返済する義務がないので企業側からしたら長く安定したビジネスができるというメリットがあります。

株を買った投資家の人は企業が上手くいけば利益が得られる、企業が上手くいかなければ利益が得られないという風になっています。
投資した企業の成長した分だけ利益が得られるということです。
利益を得るならば良い株を安く買うことが大事になってきます。
順調に会社が成長し伸びて人気化して株を買いたいと思う人が増えれば株価は上がります。
株価が上がっているときに売れば買ったときの差額が得られます。

株主優待もあります。
株主優待とは、特定の日に株主でいると投資した会社から金券や、割引券などがもらえることを言い株主への利益還元として好評です。

FXとは外国為替証拠金取引と言い、お金とお金の交換をすることを言います。
海外のお金を日本円に両替をしていきある通貨を売買していきます。
外貨のドル、ポンドなどを安く買って高くなったら売るそうすると差額が利益になります。
お金の交換レートである為替レートは一定ではなく変化していき、昨日までは1ドル103.00円で買えたのに今は1ドル105.00円になっているこんな感じで変化しています。
お金の交換レートである為替レートが変動すると、それが円安と円高という風になりドルの値段が高くなると円の価値が下がるということになっていきます。
円安や円高によって変動する為替レートの差を駆使し利益を出し、相場が円安のときも円高のときも利益が狙えるようになります。
資金を証拠金にして為替取引を行うのですが、その際にレバレッジという仕組みをつかいます。
少ない資金で大きな金額に相当する取引ができるということです。
レバレッジにより少ない資金で大きな利益を得ることができとても魅力的な投資です。

株とFXのやり方を説明してきましたが、価格があがるか下がるかを予測して売買していく点は同じですけど、最低資金や通貨の種類や数が違うので自分に合った方を試してみてください。