仮想通貨は電子マネーとどう違うのか

仮想通貨は、たまに電子マネーと混同されている事があります。確かに仮想通貨は、電子のお金ではあります。しかし電子マネーとは大きく異なる点が複数あり、仮想通貨にはカードはありません。また国際的に通用するマネーでもあります。

国内だけでなく世界各国で幅広く使える

電子マネーは、原則として日本国内だけで通用するマネーなのです。海外にそのマネーを持ち込んだところで、お金として使用できる訳ではありません。クレジットカードとは異なるのです。
クレジットカードの場合は、もちろん海外旅行で使うことはできます。ただクレジットの場合、現金を使っているのです。現地通貨に両替していて、電子マネーとは異なります。
それに対して仮想通貨の場合は、世界各国の幅広い地域で使う事ができます。現にこの通貨は、海外に即時送金する事もできるのです。海外にお金を送るとなると、一応は海外送金という手段もありますが、それは外貨に両替する手続きを踏んでいるのです。ですから海外送金は、どうしても時間がかかってしまいます。仮想通貨の場合は、海外送金のように時間がかかる事はありません。即送金できるのです。
即座に送金できる以上、電子マネーのように日本国内に限られている通貨ではありません。ある意味、グローバル通貨とも言えるでしょう。

カードは発行されない仮想通貨

ところで電子マネーといえば、カードも発行されます。自動改札機にある読み取りセンサーにカードをタッチしている方も、よく見かけるでしょう。
したがって電子マネーを使用する場合、原則としてカードを持ち歩く必要があります。最近ではスマホで利用できる電子マネーもありますが、実店舗によってはスマホ決済に対応していない事もあるのです。やはり電子マネーは、カードが主流になります。
それに対して仮想通貨の場合、わざわざカードなどを発行する必要はありません。カードというより、WEBで使っていくことになるからです。証券所などで手続きを踏む必要はありますが、電子マネーのようにカードを持ち運ぶ必要はありません。
そもそも仮想通貨の場合、実店舗での支払いで活用されるケースはあまり多くありません。現時点では、仮想通貨での決済に対応していないお店も多いです。どちらかと言えば、投資取引などで活用されている傾向があります。電子マネーは、あまり投資などで活用されていないのです。
以上の点を踏まえると、仮想通貨と電子マネーは大きく異なります。両者は、全く異なる通貨であると見て良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です