「未分類」カテゴリーアーカイブ

中央銀行や政策に敏感にならなければならないのでFXは株式投資よりも高度です。

日経新聞や普段のニュース番組を見ているとFRBや日銀等の経済政策等に関しては日々多く報道されています。では、実際これらの機関が何を行い、そこから発せられるメッセージが自分達の普段の生活にどのような影響を及ぼすかまで深く理解しているかたは少ないのではないでしょうか。

このような中央銀行が行う政策は重要な問題です。そのため、その役割りに関してここでは少しみていくこととしましよう。日本銀行は誰もが知る日本における重要な金融機関です。

日本銀行は多くの民間金融機関を管理統括する機関です。日銀が、発表や決定する経済政策は重要で、株式市場や為替のマーケットに関して大変高い影響力を及ぼします。

アベノミクスにおける急激な相場の上昇は日銀や財務省等が政策を決定して行っている相場です。量的緩和やゼロ金利政策を含め、日銀が発表する各種政策でマーケットが過敏に反応する事は日々のニュースを見ていると良くわかります。

特に金利に対する政策は株式市場や為替市場において大変重要な考え方です。日銀の政策発表前にはマーケットは大変神経質になります。そして発表直後の株価は大きく変動します。投資家はこのような発表の日程に関しては日々、高いアンテナを張る必要があります。

またアメリカは世界1の経済大国として世界に強い影響力を持っています。ドルは世界の基軸通貨です。そのため、国際的な決済等でも頻繁に使われます。アメリカにも日本の日銀に相当するFRBという機関が存在しています。これが発表する指標や経済政策は日本はおろか、世界中に大変大きな影響を与えます。

そのため、普段から注意深く観察する必要があります。世界中の機関投資家がここから発せられる情報を活用して、売買を行っています。アメリカは世界経済において大きな覇権を持つ国です。その動向や要人の発言には大変多くの方の関心が集まっています。

日本とアメリカには時差があります。主要なアメリカの経済指標の発表は日本時間の深夜に行われる事が多いので投資を行なう際はその点にも十分な注意を払っていきましょう。

日本時間の深夜に発表された情報は翌日の日本市場で大きな影響を及ぼします。特に重要な指標が金曜日に発表される場合、注意が必要です。翌週にポジションを持ち越すと金曜夜の発表内容次第では月曜日、大幅な下落となってしまう事も十分に考えられるのです。その点から、重大な発表の周辺では一旦ポジションを整理して、万が一に備えておくことが大変重要なのです。

日経新聞や各種メディアの経済記事で地政学的リスクという表現を頻繁に聞くのではないでしょうか。最近ではこの地政学的リスクは無視できない問題となってきています。これをきちんと理解しなければ、自分の売買のタイミングを合理的に行っていく事は難しいかも知れません。

普段から相場の変動要因をきちんと理解して楽しんで自分の相場感を養っていきましょう。最近では新型コロナ感染症やテロの問題が大きな関心として市場関係者の注目を集めています。

また、新興国の経済やまた政治的変動は、今後の世界経済においても、重要な意味を持ちます。これらの国から発せられる情報も株価は敏感に反応します。また日本市場においては北朝鮮や中東諸国の動向などもマイナスの影響を及ぼします。

これら国の動向は日本社会においても大変な脅威です。時には経済や株価に大きな影響をもたらしますので、このような脅威や不安要因が出た時に市場はどのような反応を行なうかをきちんと注視していく必要があります。

地政学的リスクと言っても武力衝突の脅威ばかりではありません。結果としての商品市況における不安定要因や内乱や最近のようなコロナウィルス感染症なども考えられます。このような脅威に、常に敏感に反応しているのが最近の相場の特徴です。

商品市況や世界経済を根底から揺るがすイベントを大切に見ていく事でテロや株式市場の動向も見ていく事ができるのです。これにより株式を始めとする各種金融商品は以下に相互が密接に関連しているかがよく分かるかと思います。

今後もこのような商品市況等を中心に考えながら自分の投資の幅をどんどん広げていきましょう。それぞれがどのような相関関係で動くかを理解できれば相場を見るのがもっと楽しいものとなっていきます。