「未分類」カテゴリーアーカイブ

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすためのコツ

ユーザーがYouTubeで動画検索をしたときに、検索結果に表示される順番が上位なほど、ユーザーに動画を見つけてもらいやすくなります。どういった観点から表示順序を決めているのかYouTube側の基準があります。さまざまなことを評価して決めているのですが、その中の一つがチャンネル登録者数です。 チャンネル登録者数を増やすためにはコツが必要です。ここでは、チャンネル登録者数を増やすためのコツを紹介します。 ●チャンネル登録者数が大事な理由 YouTube側の評価基準はチャンネル登録者数だけではありませんが、チャンネル登録者数は大切な評価基準の一つです。 多くの人が「いい!」といっている商品なのだから、きっといいに決まっていると感じたことがありませんか。たとえば人気の飲食店です。みんなが食べている、みんながいいと言っている、行列ができているからいいに違いない、このように自分がどう感じるのかではなく、周りの意見に左右されて「いい!」と判断してしまいがちです。 YouTubeもそれぞれの動画の質に関係なく、チャンネル登録者数が多ければ人気のあるチャンネルだと判断をします。 また、チャンネル登録者数や過去の動画総再生時間などの条件を満たすと、広告収益を得られる権利が与えられます。 ●価値のある動画を投稿する YouTubeで動画を探している人は、何らかの目的を持って動画を探しています。その目的や欲求を満たしてあげる価値のある動画を投稿することが、チャンネル登録者数を増やすためのポイントです。欲求が満たされることで「また動画を見たい」という気持ちが湧いてきます。 1日24時間で使える時間には限りがあります。価値のない動画を見ていては、貴重な時間を浪費してしまいます。 質の低い動画をたくさん投稿するよりも、3日に1回や1週間に1回でもよいので、質の高い価値ある動画を投稿していきましょう。 ●関連性のあるキーワードを使う チャンネル登録をしてもらうためには、まず動画を見つけてもらう必要があります。 動画を探すときにユーザーが使うものがキーワードです。その動画が何を表しているのかにピッタリなタイトルやサムネイルを選択すると、ユーザーは動画を探しやすくなります。 また、ユーザーはどんなキーワードで検索するのかを考えることも大切です。一つのキーワードだとライバルが多くなってしまいますが、複数のキーワードを組み合わせることでより検索表示される動画を絞り込むことができます。そのキーワードを盛り込んだタイトルなど設定してみましょう。