安定した価値を持つ金投資の魅力

株式や不動産などの投資が有名ですが、資金があるなら金投資も活用するとリスク分散になります。 金には独自の優れた部分がたくさんあります。まず、実物であることです。貴金属としての価値があり、世界中で取引される存在です。投資目的だけでなく、アクセサリーや工業部品など、様々な分野で活用されるため、金自体の需要が安定しています。供給面においても金の流通量がほぼ決まっていますから、供給過多になりにくい良さを持っています。 株式の場合だと、それ自体にほとんど価値はありません。紙切れまたは電子データ上の存在です。株式を発行する会社の人気や、事業価値があると人々が勝手に判断した結果、価格が上昇する仕組みです。そのため、会社が倒産したり、世界的な不況で業績が悪くなれば、またたく間に価値が下がる大きなリスクを持っています。特に供給過多であったり買われ過ぎの状態では、些細なことで価値が暴落するケースも多々見られるため、ハイリスクハイリターンな投資商品として知られます。 金の価値は株式ほど大きな値上がりを期待できない一方、安定的な価値を保てるため、世界や会社の状況に左右されにくいのがメリットです。価値が下がるケースも普通に見られますが、大幅に下落するケースは少なく、何かあったときでも大切な資産を守れます。 有事の金とも言われており、戦争や紛争が発生したときの強い投資先としても有名です。これらの有事が発生すると国の信用不安から通貨や債券などの価値が下がりやすいため、世界共通の価値のある金に投資しようと人々が殺到します。それと同時に金の価格が上昇し、資産が増える連鎖が発生しやすくなります。 インフレにも強い投資商品です。現金の価値が下がり、相対的に物価が高くなるのがインフレの状態です。現金を持っているだけでは物を買うのにたくさんのお金が必要になり、資産がどんどん減っていきがちです。しかし、金そのものが物であることから、インフレの影響をあまり受けません。貯金してもインフレの影響で目減りしやすい現金を持っているよりも、金に投資しておけば、資産の目減りを防げます。 金投資のやり方ですが、地金を取り扱う商社や鉱山会社などから購入可能です。また、地金だけでなく、金貨での取引も可能です。地金と同じ販売店の他、コインショップでも売買できます。証券会社や銀行といった金融機関が用意する、純金積立でも金投資ができます。月1000円程度で始められるハードルの低さが魅力です。